野外フェス必携ギア!DIYer(s)はこれを持っていきます -前編-

夏本番ということで、アウトドア活動も本番を迎える頃ではないでしょうか?そこで今回は野外音楽フェスにこれだけは持っていけ!という必携ギアをご紹介です。

7.26, 2018

ライフスタイルメディア:DIYer(s)
  • fashion
  • music
Share on

装備の充実度=フェスの満喫度!?

連日真夏日という猛暑を記録するヒートアイランド日本列島。そんな暑い夏に、大満喫したいのがこの時期だからこそ楽しめるアクティビティ。その中の一つに挙げられるのが、野外音楽フェス。

 

フジロックにロッキン、サマソニ…と、国内外問わず有名なアーティストが一堂に会する音楽の祭典がこの季節はずらりとラインナップ。この時期ばかりは有給休暇を使って、フェス休暇を取る方も多いのではないでしょうか?DIYer(s)でも各フェスへ参戦するスタッフもちらほらと。

 

そんなフェス熱が高まってきたこの時期に、DIYer(s)では“これだけは持っていくべし!”という必携ギアをご紹介。日帰りで済ませる方も、がっつり連泊で楽しむ方も、初めてフェスに参戦するという方はぜひとも参考にしてみてくださいね。

DIYer(s)のフェス装備が全然足りていない問題

DIYer(s)編集部員・M。朝09:00からの撮影にも関わらず、満面の笑み。

“フェスに行く服装で来て”と一言伝えた出社当日に、早速ファッションチェック。フェス装備として考えると、NGポイントが次々と…。

 

 

防御力0のサンダル:NG

 

多くの音楽好きが集まるフェス会場に、防御力0のサンダルで参戦するなんて、言語道断。また複数エリアにステージがある場合、お目当てのアーティストを追いかけるうちに総移動距離は数キロ分に及ぶことも。歩きやすく、全天候対応型のシューズを選びましょう。

 

 

コンビニで買ったビニール傘:NG

 

この持ち方で街を歩いているだけで、周囲から顰蹙を買いそうなビニール傘。いくら雨が降ってきたとしても、フェス会場では傘を広げられないですし、主催者によっては傘自体の持ち込みを禁止している野外フェスも。進化の限界を感じる雨具は、別のものを用意しましょう。

 

 

丸出しの財布:NG

 

飲み物を買ったり、食べ物を買ったりと、何かと登場頻度の高い財布。丸出しはないにしても、ズボンのポケットに入れておけば大丈夫だろう…と思っている方も多いのではないでしょうか。盛り上がるライブにつられて体を揺らしているうちに、いつの間にかなくなっている案件が多数報告済み。スマホ、財布、鍵はしっかりと管理したいところ。

 

 

剥き出しのペットボトル:NG

 

厳密に言えば、ペットボトルでもNGではないのですが、ケアしたいのが飲み物の冷却具合。ペットボトル持ち込みOKというフェスが多いですが、クーラーボックスにでも入れておかない限り、会場に着いて数分でぬる〜くなった状態で見つかることもしばしば…。熱中症予防にも対策をしたいところです。

 

 

三角座り:NG

 

自然型のフェスであれば足元は芝生になっている部分もあるとはいえ、デコボコしていたり、なぜか湿っていたりと、読めない地面状況。散々歩き回った挙句、そんな地面に直接座ることになれば疲労が増すことは確実…!

 

 

ツバ広のハット:OK

 

強い夏の日差しから頭部を守ってくれる、ツバ広のハットはフェスに限らず、真夏のアクティビティには欠かせない必携アイテム。防水性を備えているモデルなので、突然の雨にも心強い存在です。

 

 

伸縮性のあるパンツ:OK

 

先述の通り、1日の総移動距離が数キロにも及ぶ野外フェスだけあって、パンツの選び方も重要事項。ステージ転換の間やちょっとした休憩時など、立ったり座ったりする機会が多いので、伸縮性のあるパンツだとストレスも軽減。虫刺され防止のことも考えると、ショートパンツよりもフルレングスを選びたいところ。

 

 

「ぬおぉぉぉぉ…!」

ど、どう考えても、フェス装備が足りていない…!チケット購入済みのフェスまで残る日数はあとわずか…。どうにかして装備を揃えたいところ…。

ということで編集・Mが出した答えは…

 

 

答え:オンラインストアで買い足します

「ギアが足りないなら、買えばいいじゃない」と声が聞こえました。

日頃から暮らしの中で足りないものは自分自身の創意工夫で補う、Do It Yourselfの精神を大事にしているDIYer(s)編集部。そんなDIYerの一人である編集・Mも、泣く泣くお金で解決することを決断。

「やすっ!」と思わず笑みのこぼれる編集・M。

今が買い時!ということで、早速ぽちぽち…。

一通り、足りない装備を補うために、いくつかギアを注文。時代の進歩は早いもので、注文した翌々日に無事到着。

荷物即着!配送感謝。

“最短”の文字をご覧いただければわかる通り、あっという間に商品が到着。運送会社のみなさま、いつも本当にありがとうございます。

届けられた段ボールを荷ほどきしていくと…。

新品が並ぶとやっぱりテンションが上がってしまいますよね。思わず、編集・Mもホクホク顔。

早速、到着したギアを装備して、改めてファッションチェック!

これでフェス準備は万全だ〜!

時刻は12:00過ぎ。陽も昇りきった36℃越えの中ですが、思わずグーサインを出すほどの手応えを感じる編集・M。

GORE-TEX採用の登山靴:EXCELLENT!!

 

降ってくる雨はもちろんのこと、濡れた地面の泥などによる浸水もしっかりと防いでくれる、GORE-TEX素材。そんな素材を採用した登山靴なら、しっかりとしたソールで、長距離移動の疲れも軽減してくれるはず。

 

 

折りたためるポンチョ:EXCELLENT!!

 

急な雨が降り出したら、サッと取り出したいのが折りたたみ傘ではなく、コンパクトに折りたためて軽量なポンチョ。雨が止んだら折りたためば、ポケットサイズまで小さくなりますよ。

 

 

サコッシュorポーチ:EXCELLENT!!

 

こちらは編集・Mの私物から。お財布からスマホ、鍵など、“とにかく出したらサコッシュの中へしまう!”とルール作って実践すれば、失くしてしまう心配なし!

 

 

保冷力抜群のタンブラー:EXCELLENT!!

 

二重構造のタンブラーなら、いつでもひんやり冷たい飲み物が楽しめます。飲食ブースによっては、タンブラーに入れてくださいと一声かけることで、対応してくれるところも。こまめな水分補給で、しっかりとフェスを楽しみましょう!

 

 

軽量設計のキャプチェア:EXCELLENT!!

 

地面に座るのがNGといっても、キャンプチェアを持ち運ぶのは大変…と言う方も。そんな方にオススメしたいのが、軽量モデルのキャンプチェア。駐車場からキャンプサイトまでの道のりも、楽に持ち運べますよ。

 

 

暗い道を照らすヘッドライト:MARVELOUS!!

 

テント泊でフェスへ参加したことのある方なら、一度は困ったことがあるのが照明の少ないテントサイトへの道のり。そんな時に意外と役立つのが、ヘッドライトなのです。
ということで、フェス装備は準備万端!

 

 

もしフェス会場で蛍光イエローのポンチョを着た編集・Mを見かけたら、声をかけてくださいね。何かいいものがもらえるかもしれません。

DIYer(s)的にフェス必携のギアをいくつか紹介させていただきました。とはいえ、フェスの楽しみ方は人それぞれ。あなたのオススメギアがあれば、ぜひ教えてくださいね。2018年の夏は特に暑いと言われています。こまめな水分補給や休憩をしっかり取って、自分らしいスタイルで120%野外フェスを楽しんでくださいね。

 

次回は購入したフェス装備が本当に役に立ったのか、実践・検証編をご紹介(続きます)。

 


 

▽たった2枚の板で作れる!壁掛けオーガナイザーをDIY!
本編

 

▽マグネット式キーホルダー収納を作って、小物の紛失防止!
前編 | 後編

 

▽MY SWEETS MEMORIES
vol.1 | vol.2 | vol.3vol.4

 

▽インダストリアルな焚き火台に魅せられて
本編

 

▽ハイエースをセルフエイジング!?クルマはDIYでここまで変わる!
前編 | 後編

 

▽野外フェス必携ギア!DIYer(s)はこれを持っていきます
前編 | 後編

 

▽カブトムシの虫かごをDIY!子共のために一肌脱いでみませんか?
本編

 

▽レジャーシーンで大活躍! ウッドスピーカーの作り方
前編 | 後編

 

▽初めての溶接体験記〜アイアンシェルフ作り〜
前編 | 後編

 

▽深夜ごはん〜毎日頑張るあなたに〜
vol.1 | vol.2 | vol.3 | vol.4

Profile

  • DIYer(s)ライフスタイルメディア

    Do It Yourselfの精神を軸に、インテリア、アウトドア、クルマ、フードなど、様々なジャンルの記事をご紹介。ただモノを消費するだけではなく、こだわりを持って体験するコトを大切に、暮らしのヒントを発信中。