おおや 日々のあれこれ Vol.4

はじめまして、沖縄。

ワクワクすることは不意打ちが多いような。突然上司から「出張いける?」との依頼。私の新たな“初めて”がやってきました。

5.2, 2018

URBAN RESEARCH DOORS所属:大家 孝文
  • art&culture
  • essay
Share on

初めましては突然に。

何度かこのコラムでも書かせて頂きましたが、2月中旬から大阪での生活がスタートしております。
少し逆上りますが、2017年の年末に大阪への異動の内示は上司から頂きました。

 

高松から大阪へ。

自分の人生にとって大きなトピックス。

元々、DOORSのSV(スーパーバイザー)として2年間、中四国エリア(高松・広島)を見させて頂いていたので、まずは共に働いているエリアのスタッフ達がスムーズに後任とスライドしていけるか?を考えました。

それに加えて新天地への引っ越しなど日程が迫っている中ですることが多く、上司にスケジュールの調整をお願いしようと思い相談させて頂いた瞬間…

“新たな初めて”は訪れます。

 

「すいません。すこし相談したいことが…」

 

上司「あ、こっちもお願いしたいことあって。次のDOORS HOUSEの取材で沖縄に行ってほしい」

 

「え?沖縄ですか??はい、もちろん大丈夫です」

 

上司「で、相談って?」

 

「あ、いえ、すでに解決致しました。」

 

※DOORS HOUSEについてはこちらでご確認下さい。

 

という流れで沖縄への出張が決まりました。

一部始終やりとりを見ていた数人には、僕の心の移り変わりを見られ「遊びちゃうで!」とツッコミを頂きましたが…笑

 

でも、仕方ありません。沖縄ですから。

 

やるべき事は山のようにあったものの、引っ越しまでの計画を見直して家族を説得する!

モチベーションはそちらに向きました。

しかし沖縄に関する知識は乏しい自分。
短期間で沖縄のことを詳しい同僚に色々と聞いて、そこから調べて、何とか薄~く頭に詰め込んで本番を迎えます。

 

 

当日。
始発で神戸空港に向かいます。
その日は0度を下回る寒さで、震えながら移動しました。

神戸空港で今回一緒するブランド販促のスタッフと合流して飛行機でGO!です。

 

那覇空港までは大きなトラブルもなく、当日一緒に行動するPAPER SKYのチームと合流して車で移動という流れです。

 

沖縄に着くと“沖縄らしい気候”を期待しましたが、1年で一番の冬日と重なり少し肌寒い過ごしやすい気候でした。笑

 

それから、まずは今回の「SHARE THE LOCAL 沖縄」のメインの一つでもある、奥原硝子製造所さんへ向かいます。

到着してすぐに取材はスタート。

個人的には初めての事ばかりでしたので、メモを取ること、写真を撮ることで必死。

作り手の上里 幸春さんから琉球ガラスの歴史やご自身の経験など貴重なお話を頂きました。

 

今回はペリカンピッチャーが生み出される瞬間を一部始終見させて頂いたのですが、製造所の皆さまの一連の技術・所作ともに、すべてが美しくて目を奪われてしまうほど。

ただただシンプルに感動でした。

これは絶対に買おう。そう決めたのは言うまでもありません。笑

本音を言えば僕もグラス作りを体験してみたかったー。という感じです。

 

しかし文化にも触れることができ、非常に良い経験となりました。

詳しくはPAPERSKY no.56の誌面CRAFTSMAN SERIESをご覧頂ければと思います。

 

その他、琉球ガラス以外にも「沖縄と言えば」という魅力あるものばかり。

やはり、「民芸」なら“やちむん”。
独特のデザインと鮮やかな色が非常に愛らしく、見たモノすべて欲しくなりました。

 

その他「食」であれば、泡盛、ゴーヤー、ちんすこう、沖縄そば、オリオンビールなどなど。

気になるモノはすべてチェックしよう!ということで、各アポイント以外の時間は食事とリサーチを兼ねて商店街などを回るようにしました。

歩いて、

歩いて、

食べて。

食べて…

 

この二日間で沢山の方々にお会いすることができ、色々とお時間を頂いて貴重なお話を伺いました。

沖縄の人は本当に優しく素敵な方が多く、大らかで親切な方ばかりでした。

 

個人的なことですが初めての経験ばかりとは言え、今回は一緒に行動した同じ部署(ブランド販促)のスタッフには助けられてばかりでした。

「SHARE THE LOCAL」の秋田・静岡を企画・運営していた彼女から学ぶことが多く、更に今後が楽しみになりました。

 

二人で“沖縄って良い人ばかりで良いところやな~”と話しながら、文化も食事も建物や空気感も、貴重な経験の連続。

もちろん夜も沖縄料理を堪能させて頂きました。

あぁぁ。美味しかった…

 

翌朝、沖縄と言えば(2度目)…海。

その点は「ご当地RUN」という名ものと朝7時前に起きて海を見に軽くジョギング。

 

ホテルの近くの公園で読売ジャンアンツが運良くキャンプ中で雰囲気だけ堪能。

 

ただ残念なことに天気はそこまで良くなく、思い描いた“THE沖縄の海”という写真が取れず今回は文面のみになります…申し訳ありません。

 

そちらはプライベートでリトライしたいと思います。

 

 

個人的なサプライズが一つ。

 

商店街を移動中に、DOORS(中四国エリア)のスタッフとばったり。

学生の彼女は友達グループと沖縄トリップをエンジョイ中でした。

開放的な場所で会えた記念で“沖縄SPECIAL SMILE☺”にて撮影。

楽しそうな彼女たちを羨みながら、自分は仕事だぞ。と言い聞かせました。
僕もプライベートで絶対に帰ってくる!と思いながら。

 

こんな感じで1泊2日はあっという間に終わりを告げました。

 

期間中、ここではお話できないような珍事勃発で色々な方に迷惑をかけてしまいました。

その辺りは追々小出しにしていくとして…

 

まずはDOORS HOUSEで体験させて頂いた沖縄の魅力を表現していければと思っております。

 

そんな「SHARE THE LOCAL 沖縄」絶賛開催中です。

開催期間:2018年4月28日(土)〜5月30日(水)

開催店舗:DOORS HOUSE

 

ガッツリ告知で申し訳ありません。笑

沖縄通の方も、私のように行ったことが無くても興味のある方も、大阪でURBAN RESEARCH DOORSが表現する沖縄を体感してみて下さい。

 

是非お待ちしております。

 

 

何か、何か忘れて無い?沖縄のこと…

 

あ、沖縄と言えば!!(3回目)

シーサーを忘れてた! !汗

 

彼は、屋根の上から僕たちを優しく見ていましたとさ。

 

本日はここまでです~。

 

また次回です。

 

皆様も、どうぞGWをエンジョイ下さいませー。

 



▽おおや 日々のあれこれ

vol.01 | vol.02 | vol.03 | vol.04 | vol.05

vol.06 | vol.07 | vol.08

Profile

  • 大家 孝文URBAN RESEARCH DOORS所属

    徳島出身のサッカー好き。
    ヒトが好きで、“働く”など様々なモチベーションのありかたについて勉強中。
    夢は“好きなモノに囲まれて暮らす”
    モモという名の愛娘に溺愛。方向音痴の36歳 (今が旬)
    DOORSの盆栽にも携わっております。

Information

  • DOORS HOUSE (ドアーズハウス)

    〒541-0059 大阪市中央区博労町4-4-4

    営業時間 : 11:00~20:00
    (カフェ営業時間:11:30〜20:00 ※時間帯によって一部メニュー変更あり)
    定休日:不定休

    TEL : 06-6241-2061

    URL:http://www.urdoors.com/shop/21856/