おおや 日々のあれこれ Vol.11

愛でる。ということ。

念願の花と共に暮らす生活。四季のある日本での季節を感じる事ができる楽しみ。
の、始まりのお話。

11.15, 2018

URBAN RESEARCH DOORS所属:大家 孝文
  • art&culture
  • lifestyle
Share on

盆栽がある暮らし(2回目)

部屋に植物がある。

30代も中盤を超えた僕にとって、そんなことに優越感を感じるような年頃でもなくなりました。正しくは年相応ということでしょうか。

 

歳を重ねるほど暮らしの部分に“コダワリ”を持ちたくなる。

夢は好きなモノに囲まれて生きていくこと。と密かに思っていたりします。

 

まだまだ理想とは遠く離れているため、人に誇らしくコダワリを語れるレベルではありませんが、そんな夢をもつ僕にとって植物との暮らしは楽しみであり挑戦でもあります。

観葉植物や多肉植物など、徐々に仲間入りしております。

※多肉の寄せ植えも挑戦中です。

さて、前回私のコラムでも紹介しました、僕は盆栽を育てております。

2月の異動で大阪に越してくる際に、実家の両親に預けてきましたので、
我が家には現在2点と少なくなりましたが元気に育っております。

 

何事も、“育てる”というのは手がかかること。

手を抜くと自分の望む関係性を築くことができないから不思議。

自分の時間を捧げて関わるからこそ愛着が湧くのだと再確認します。

 

まさに“愛でる”ということですね。

 

縁のある香川県高松での盆栽との出会い。

手前味噌ではありますが、URBAN RESEARCH DOORSで取り扱っている盆栽は良い。

そう僕は胸を張って言えます。

お世話になっている盆栽園の皆様の配慮のお陰ですが、各盆栽は高松から直接店舗に届いており、1点1点丁寧に仕上げてくれています。

黒松・五葉松の松盆栽を中心に各種人気で定期的に取り扱い店舗に入荷しております。

どこか敷居が高いイメージのある盆栽。

しかし、僕のような“ずぼら”な人間でも何年も育てております。

 

興味のある方は松の盆栽から育てて頂くことをおすすめします。

水やりの頻度や時間帯・量、置き場所など慣れてくればどなたでも育ててもらえます。

 

盆栽の水やりポイント

・水やりの頻度 → 毎日(夏は乾きやすいので置き場所によっては2回必要)

・時間帯 → 朝(その他の時間でも良いが必ず毎日同じ時間にあげる)

・量 → たっぷり(バケツにドブ漬け・ジョウロであれば鉢の容積の約3杯分を目安に)

・置き場所 → 室外で日向(半日向・一日の半分は日が当たる場所でも○)

※水やりはバケツを使うと簡単です。

という、感じです。
興味のある方は最寄りのURBAN RESEARCH DOORSのスタッフまでお問い合わせ下さい。どのスタッフも答えてくれる…はずです。笑

※春に紹介した桜の盆も蕾が…

個人的には花や実がつくものはオススメです。

毎日水をあげていると、ふと蕾があることに気づきます。

そこから咲くまでの時間は楽しみそのものです。

どんな色の花が咲くのか、と言うか上手く咲くのか。

前年に咲いてから翌年に咲く1年の水やりや代わりの成果・結果のようなものです。

 

しかし経験することによって今までと違う「季節」を感じることができます。

さあ、秋真っ只中です。

これからのオススメは“和”の代表的な花の一つ「椿(ツバキ)」。

 

もしかするとあまり馴染みがないかもしれませんが、過去にURBAN RESEARCH DOORSではワークショップも開催しております。

 

椿の花言葉は、
「控えめな素晴らしさ」「気取らない優美さ」。

目立ちたがり屋で気取り気味の僕にはチクッと刺さる言葉ですが。汗

光沢のある美しい葉と、鮮やかに咲く花。

派手さはありませんが確かな存在感が魅力です。

 

玄関や、庭先、ベランダでも、暮らしの一部に花がある。

植物と触れる時間を大切に。

 

興味のある方は是非。

 

それでは、また次回。

秋を楽しみにましょう。

 


▽おおや 日々のあれこれ

vol.01 | vol.02 | vol.03 | vol.04 | vol.05

vol.06 | vol.07 | vol.08 | vol.09 | vol.10

vol.11 |

Profile

  • 大家 孝文URBAN RESEARCH DOORS所属

    徳島出身のサッカー好き。
    ヒトが好きで、“働く”など様々なモチベーションのありかたについて勉強中。
    夢は“好きなモノに囲まれて暮らす”
    モモという名の愛娘に溺愛。方向音痴の36歳 (今が旬)
    DOORSの盆栽にも携わっております。

Information

  • 季節を感じる、椿(つばき)盆栽ワークショップ

    URBAN RESEARCH DOORS クレフィ三宮店

    開催日時 : 2018年11月23日(金・祝)
    (1)13:00〜 / (2)15:30〜
    定員:各回10名程度
    参加費:3,500円+税

    URL:http://www.urdoors.com/workshop/24037/