ホラノアナ Vol.3

安岡力也でありリキヤ↗︎であり、ニコでもあり、リカルドなんですよ。

ロマンティックファンタスティックゾーン期

6.11, 2018

ホラグチミカ
  • essay
Share on

安岡力也でありリキヤ↗であり、ニコでもあり、リカルドなんですよ。

前回のヲハナシで語学マニアゆえに韓国語も勉強しているってお話したと思うんですけど。

(中国語も同時に学習中)

私、基本語学はTVやラジオで習得するんです。

今回もそうなんですけど

そうすると目に入ってくるんですよ、K-POP。その名もKぽアイドルたち。

未知なるゾーン。ロマンティックファンタスティックゾーンです。

 

これについても前回のヲハナシで少しお話したと思うんですけど。

顔と名前が覚えられない案件です。

オカルトチングたちも、なんども同じ間違えをするワタシに叱咤激励の嵐なんですよ。

もちろんあだ名をつけて最終的には覚えるんですけど。

なんどもブチあたる案件なので、掘り下げておこうかと。

 

私が最初に挑戦したのはEXOというスーパースターなんですけど。(アウ~アウ~の彼らですよ/前回参照

9人もいるんですよ。

大変ですよ。

どえらいことなんですよ。

 

もちろんオカルトチングに教えを請うのですが、ムズイんです。

ハングルなんてもちろん読めなかった私は、Wikipedia先生に辿りつくわけですよね。

 

そして私のアイポンは英語設定になってるので、基本英語ページがでてくるんですね。

まぁ、あまり外国語のカタカナ表記は信用していないので、それの方がいいんですけどね。

 

私、英語は喋れるんですけど(テヘヘ)、読んでみても名前の読み方が合ってるかわからないんですよ。

頭の中の名前と思ってる音にちっともあわないんですよ。

なにこれ?名前なの?

困る

 

そーなったら、得意のTVとかから拾うしかないじゃないですか。

彼らの出てる番組とか探して見てみるんですけど・・・

 

おかしいんですよ。

名前読んでいるところを何度聞いてもなんか違うこと言うんですよ。

最初に覚えたD.Oさん

ドーさんだと思ってたんですけど

隣にいる大きい子がギョンスゥて呼ぶんですよ。ギョンスゥ。

D.Oですよ。DとOですよ。ギョンスゥはおかしいじゃないですか。

メンタル崩壊ですよ。

(本当はディオが正解だったんです)

困る

*漫画のコマ割りにしている意味・・・

そーゆ案件が多発するんです。

後からわかったんですが、韓国では、芸名と本名がわりと境目なく呼ばれているんですね。

親しい人は本名で呼んでいたり、ファン界隈もそうらしいんです。(ホラ調べ)

 

でも日本だったら私の好きだった安岡力也さんのこと
誰も本名のリカルド・ニコ・バレンティーノって呼ばないじゃないですか。

リカルドがさ~っていっても通じないですよね。

 

でも韓国では普通なんですね。

安岡力也でありリキヤ↗︎であり、ニコでもあり、リカルドなんですよ。

そんな苦労をしながら、やっと覚えていくんですけど。(ホラ仕様のあだ名でですが)

まだまだ、この後別の試練がやってくるんです。

 

 

そのヲハナシはまた次回。

(全然一回目の続きを書かなくてすみません)

(用意ができたらすぐ書きますからね)

 

同じ経験したわよって方がいらしゃったら是非お便りいただきたいです。

お便りジュセヨ


▽ホラノアナ

vol.01 | vol.02 | vol.03 | vol.04 | vol.05

vol.06 | vol.07 | vol.08 | vol.09 | vol.10

vol.11 | vol.12 | vol.13

Profile

  • ホラグチミカ

    ずっといるPR