イタリアに魅せられて Vol.1

イタリアの街歩き。そこに住む人々とのふれあい。大好きなイタリアを作品とともに少しだけご紹介します。

4.28, 2018

写真家(Leica TL2):松井 文
  • art&culture
  • lifestyle
Share on

こんにちは。写真家の松井です。

前回までの、イタリアンレストランのシェフ、越川さんとの対談は如何でしたでしょうか?

本当にお料理が美味しくて、是非オススメしたいお店でした。

 

私はイタリアが大好きです。お料理も、街も人々も。

その大好きなイタリアに訪れた際の街や人々とのふれあいを、作品とともに定期的にご紹介していきたいと思います。私がイタリアに行くと大体訪れるのがミラノです。

ミラノは、街を歩く人々がとてもお洒落で、高級ブランドのお店が並んでいる、いわゆる「都会」ですが、古い建物も多く残っていて大好きな街です。

時間がなくとも、ミラノには必ず寄るようにしています。

イタリアに行くと必ず声をかけてしまうのが、おじいちゃんです。

小柄な私は、海外に行くと小学生から中学生くらいに見られるので、お孫さんを見るようなとても優しい笑顔を向けてくださいます。

そして、とても優しくお話ししてくださいます。

イタリアのおじいちゃんが、とても好きです。

私は普段 Leica TL2で撮影しているのですが、イタリアはドイツが近く、Leicaを使っていると
「いいカメラだね」
と声をかけていただく事もしばしば。

このお二方には、ショーケースに並ぶサンドウィッチを撮ろうとして、最初は「ダメダメ!!」と怒られてしまいましたが、カメラを見た途端「俺たちを撮ってくれ!」とにっこり。

おそるべし、カメラの力。

 

さて、今回はミラノでの出来事や街のご紹介でした。

まだまだご紹介し足りないので、この続きはまたいつか。

次回はまた、別の事を書こうと思います。

Profile

  • 松井 文写真家(Leica TL2)

    業務提携 : オスカープロモーション