ジャパニーズ・ソウル #019

ナツをクールでホットにする!至高のアーバングルーヴ

古今東西、日本に存在するさまざまな"日本人の、日本人による、日本人のための"ソウル・ミュージックを、新旧問わず、オシャレかつアカデミックにご紹介。今週はコチラ!

8.21, 2018

BonVoyage:カネコ ヒデシ
  • music
Share on

アーティスト:BREAD & BUTTER

タイトル:LATE LATE SUMMER

レーベル: ALFA

発売年:1979年

価格:時価

 

 

 

やっとナツっぽいナツがきたというか、フツーのナツらしいアツさ?となりはじめた、8月もすでに後半。

 

ソレでも30度以上の猛暑がつづく日々ではあるが、、、そんな遅れてきたナツの季節にピッタリな、ナツっぽい、ツーナーな湘南グッドグルーヴをご紹介。

 

 

岩沢幸矢と二弓の兄弟デュオBREAD & BUTTER(ブレッド&バター/以下、ブレバタ)が、1979年にリリースした『LATE LATE SUMMER』。

 

 

湘南をベースに活動をつづける、まごうかたなき湘南ボーイのブレバタ。

 

カレらにとっては通算6枚目、「ALFA」レーベルに移籍して第1弾となったアルバムである。

 

 

本アルバムは、クレジットを見ればわかるが、トにカク関わっているメンバーがスゴすぎ!

 

プロデューサーには有賀恒夫、、、ユーミンの名付け親としてあまりにも有名なあの方ね。

 

さらに、アレンジャーには、細野晴臣をはじめとするY.M.O(坂本龍一、高橋幸宏)に林立夫、佐藤博、浜口茂外也、小原礼、松原正樹、鈴木 茂、、、さらにティン・パン・アレーのメンバーが演奏に参加するなど、当時から、いまもなおニッポンを代表する錚々たるミュージックマンたちが集結。

 

モチのロンのコトだが、そのサウンドもスバらしすぎヨ!

 

収録されている10曲は、まちがいなくそれまでのニッポンの音楽シーン、、、歌謡&演歌カルチャーからオシャレサウンドカルチャーへのおおいなる流れをつくった、まさに歴史を変えた、当たりマエダの超絶至高のアーバンAORサウンド。

 

たかが10曲、されど10曲。

捨て曲ナシの超スーパーアルバムなのでアル。

 

 

おススメは、ブルーでナツ〜な、ライトでミディアムなメロウグルーヴ、「SUMMER BLUE」。

タイトルそのものにもすでにヤラれがちだが、タイトなドラムにチョッパーなベースではじまる激ソウルサウンドなナイスビートのイントロだけで、ググーッと惹きこまれる。アレ!こっ、このビートは〜!?コッ、コレは〜、たぶん〜、まちがいなく〜、カーティス・メーフィルドの名曲「YOU’RE SO GOOD TO ME」をオマージュしているのではないかと。。。いや、あくまでもオマージュ!

しかし、ブルーオーシャンにブルースカイ、そしてホワイトビーチ、、、目をつむると青と白だけのナツの海の光景が容易に目にうかぶのも、またオツやね。

ナツのイキフンを存分に満喫できる、オシャレで淡いブリージンサウンド。

 

 

そして、ユーミンこと松任谷由実の変名、呉田軽穂(くれた・かるほ)プロデュースによる、ロマンチック&メロウな「あの頃のまま」。

あのナツのセツナさと、センチメンタルさと、甘酸っぱいロマンス、、、そんな遠いナツの記憶が走馬灯のようによみがえる。

ココロに響きすぎるのは、自分が歳をとったせいなのか、それとも暑いナツのせいなのか。

 

 

リリースから40年ちかくも経っているのに、まったくもって色あせないいぶし銀グルーヴ。

 

暑い、、、いや!熱いナツをクールでホットにしてくれる、疑いようのないジャパニーズAORの名盤なのでアール。


▽ジャパニーズ・ソウル

vol.01vol.02vol.03vol.04vol.05

vol.06vol.07vol.08vol.09vol.10

vol.11vol.12vol.13vol.14vol.15

vol.16vol.17vol.18vol.19vol.20

vol.21vol.22vol.23vol.24vol.25

Profile

  • カネコ ヒデシBonVoyage

    編集プロダクション"BonVoyage"主宰、社会派カルチャーなWEBマガジン『TYO magazine/トーキョーマガジン』発行人、ニッポンのちょっといい音楽を紹介するプロジェクト『Japanese Soul』主宰。
    WEB、紙、空間など、さまざまなメディアを使用して時代を編集する。
    毎月第三金曜日に渋谷「NIGHTFLY」にて、DJイベント『Japanese Soulナイト』を開催中!
    ・TYO magazine/トーキョーマガジン:http://tyo-m.jp/
    ・Japanese Soul:http://japanesesoul.jp/