Look Book Cook Records No.003

season 1「沖縄」その3「シネマティックな街」

私の日々のインプレッションを画像と文で紹介するノンスタイルの連載です。

4.29, 2018

桑原 茂一
  • essay
  • travel
Share on

茂一さん
こんばんは。
今日はTESIOで出店でした。なんと、昨晩、米兵の乱痴気騒ぎで、お店の前で人が死んだそうです。
今朝には、何事もなかったかのように、いつものコザでした。相変わらず、シネマティックです。
屋部龍馬 より

屋部龍馬くんと「PLOUGHMAN’S LUNCH BAKERY」

PLOUGHMAN’S LUNCH BAKERY
〒901-2316 沖縄県中頭群北中城村安谷屋927-2

 

沖縄の始まりは屋部龍馬くんが経営する「CAFE・PLOUGHMAN’S」だった。爽やか風のような龍馬くんの性格にも似てそのネットワークは軽快だ。カフェ・オープンから10年目、お子さんの誕生に合わせるように二軒目の店舗である和菓子屋「羊羊」を開店させることになった。それを見て欲しいと出向いた瞬間!これこそ沖縄から発信する龍馬の和菓子店だ。と思わず唸った。マガジンハウス系情報誌が見逃さないだけの店舗ではない。良いものを作る喜び、そこに集う人々を幸せにする喜び。商いとは喜びを生み出す事。その当たり前に無理がないのだ。おカネさえあれば願いは叶う。ではなく与えられた環境から最大限を引き出す知的で強靭な精神の集合体が存在する事。つまり龍馬のコンセプトを具現化する建築家やそれを手助けする仲間たちの存在無くして奇跡は生まれないのだ。しかもその美の方向はそこに働く人たちを優先するものでなくてはならない。思いやりから生まれる未来は無限大に明るいのだ。

詳細はこちらから。

二軒目の和菓子店の店舗設計をした建築家 大宜味大工 三代目
岡戸大和くんと私。
詳細はこちら

さて、龍馬の言うシネマテック[ Cinematic ]の言葉の意味は、映画全般の事柄を表す言葉だったのか。確かに沖縄は映画的な劇場かもしれない。そういえば桜坂劇場の書籍売り場で発見した、世良利和著「沖縄劇映画大全」を衝動買いして沖縄と映画の関係を一ミリ程度紐解いたりもした。

第1章の沖縄映画略史の挿入カットに、「男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花」記者会見の様子などにもワクワクするが、第二章の沖縄映画作品データー、マーロン。ブランドがウチナーンチュを演じた話など、パラパラ眺めるだけでも沖縄の私は全く知らなかった側面を知る貴重な書籍である。(ごめん拾い読み中也)
で、龍馬君のカフェがイベント出店したSAUSAGE・SHOPがこれだ。まるで「ツイン・ピークス」の世界へ紛れ込んだような気分にさせてくれる。

店の看板に記されたnice meat to youと手塩にかけるという意味でのTESIOの組み合わせは、アメリカの兵隊さんの中にはムキになってお怒りになる兵隊さんもおいでになるとか。

それにしてもだ。SAUSAGE・SHOPの販売スタッフがまるでデビッド・リンチ好みの女優のようで美形すぎないか?しかもアンティックな風合いのスタイリッシュなユニフォームで決めて、これってファッション・ページの撮影か?マジ決まりすぎだろう。さらに、この輝くショーウインドを観よ!この天井からぶら下がるドラムのシンバルを証明笠に見立てたセンスを観よ!もう矢も盾もたまらず早速私はその証明器具を手に入れるべくシンバル証明製作者の工房を訪ねた。

その名も「ムスタング・アイロン・ワークス」。決して手を抜かない実質剛健な制作態度に唸り、飾らないお茶目で寡黙なアイアンマンたちの笑顔にすっかり嵌められた。

叩けば鳴るシンバル(ドラム)照明器具を入手し、ご満悦のムッシュM

インド人もビックリな雑貨店?私はここでインド風ムウムウを衝動買いしてしまったがやはり着ない。

迷路のようなもぬけの殻のシャッター商店街を抜け、MISS POLE DANCE OKINAWA at AMAZONES向かいのソーセージ屋 TESIO帰還。

ギャラリーが隣接されたソーセージ専門店「TESIO」。

週末はこの辺りはアメリカ軍基地の中でも空軍の兵士たちの縄張り。海軍よりはインテリで節度があると言われているが、週末には時として死人も出るとか。私とあなたの住む日本国の思いやり予算で君臨するアメリカ兵たち向けの歓楽街ゲイト・ストリートがここです。戦後、まるで何事もなかったように普通に商いをする沖縄人たちに東京からはとっくに消えてしまった“生きの良さ ”を感じるのであった。

ところで、ソーセージはお好きですか?
あのパキンと噛むときの響きが美味しいのですが、あれは添加物のリン酸塩による効果音だそうです。ここで健康思考の豆知識。「スラッシュルール」知っていますか?

食品表示法で添加物表示が変わりました
/ このスラッシュ / 以降が添加物である。
これまでの曖昧な表記から比べれば随分分かりやすくなりましたね。

さて、[ 添加物 ]の中には発ガン性物質とも呼ばれ、人体に影響があると言われています。添加物に怯える健康志向の東京人(私)。

怯える。心配。不安。怖い。これが人間を木偶の坊にする最大の要素だ。ということは、アメリカの属国日本に甘んじそれを平和の為だと信じ暮らしてきた私にとっての恐れや不安とは?天災や交通事故、さらには原発事故などの人災を除けば、せいぜい、酒やタバコをはじめ嗜好品摂取はもとより食品添加物による発ガン性物質への怯えなどではないでしょうか?目の前にある。手を伸ばせば届く範囲の欲望とそのリスクということです。さて、週末にはハメ外しまくり時には天国への階段を登る兵隊さんたちのご先祖へ歴史は遡り、アメリカにエスケイプした英国他各国白人たち、中でも当時カウボーイと呼ばれる男たちの日常にはどのような恐れがあったのでしょうか?最近脳天にハンマーでガツンとやられたアメリカ人の小説家 コーマック・マッカーシーの描くカウボーイの生体を参考例にしてみましょう。コーマックさんの作品は超がつく暴力的で人を人とは思わない残虐的な描写があるものの、反面、馬を家族のように大切にする生き物全般へのフラットな視点もないことはない。さらに句読点のほぼない文体のユニークさもあって難解さはあるものの哲学的で詩的な小説家だと跪きリスペクトしている。では、いま読み終えた、[ BLOOD MERIDIAN ] から明らかに怖気付く描写をcutupしましょう。

-引用-

“長い旅をしてきた孤独な巡礼である少年はその火に惹き寄せられて熱い砂の上にひざまずき感覚のない両手を差し出したが木のまわりにはこの異常な太陽のもとに逃げてきた下等な動物たちがいて小さな梟が足を踏み変えながら静かにうずくまっているほかにもタランチェラや火除虫や蠍モドキや獰猛な大土蜘蛛やチャウチャウ犬のように鼻と口のまわりが黒く噛まれると人間も命が危ないメキシコ毒蜘蛛や眼から血を噴き出して敵を威嚇する小さな砂漠角蜘蛛やジェッダやバビロンの神のように上品で押し黙っている豚鼻蛇や鎖蛇がいた。”

 

その昔、カウボーイさんたちは、こんな恐ろしい場所で焚き火をして一夜を明かしていたのです。

この対比を見る限りでは、添加物に脅かされて暮らす現代社会の方が、カウボーイさんに比べれば、幾分恐れが少ないかな?なんて不安や恐れに関する考察をもう一度思慮深く考え直す必要性を感じています。では、小説家、コーマック・マッカーシーさんのことは第4話でしっかりお話しするとして、ディクショナリー181号で紹介したこのソーセージ屋さん「TESIO」と急遽共同事業を始めることになったセレクト・ショップ「LIQUID」を次に紹介しましょう。

LIQUID

No.030 1-20-17 Kakazu, Ginowan City, Okinawa 901-2226 Japan.
tel.098-894-8118
info@liquid.okinawa
http://www.liquid.okinawa/

LIQUIDでは、沖縄を含む日本でうまれたモノを中心に、あらゆるジャンルから選び抜いた「飲む」ための道具や家具、飲み物などを販売。それらを体験するコトができる飲食メニューも提供している。「飲む」という行為から、沖縄と内地をつなぎはじめている。(free paper dictionaryより)

このグラスは売り物ではないそうですが、一目惚れで連れて帰りました。
イタリアのカフェやスペイン・バルではこんなグラスで赤ワインを楽しんでいるようですが、このお店でもワインや日本酒の試飲用に使っているそうです。

トイレを借りたらこんなところにもガラス細工が。

一点モノの手作りグラスも良いのですが、大量製品にも心惹かれるものがあります。今回はぐっと堪えたデッドストックのグラス。次回訪問したら奪うかも。

他にも、金沢の九谷焼6代目上出恵悟くんの茶器なども思わず連れ去ろうとしたが経済的な思考を辛うじてデジャヴしてのお持ち帰り三点セット。
栓を抜いて飲むだけのマニアックなcoffee bottle。まだ飲んでません。
CHAI専門だから美味いはず。MADE INメルボルン。これはCHAI好きには堪りません本格的美味。
ありそうでないデカマグカップ。直径10センチ深さ8センチたっぷり飲みたい派の日常品。今年2018年の7月でオープン一年目という初々しいストアーです。爽やかな笑顔の若き店主が迎えてくれます。
見た目で侮ってはなりませんぞ、クールな店主に学ぶことは多々あります。沖縄行くならぜひ訪問を。
店主からのメッセージ及び詳細はfree paper dictionary web版を。
さてここで、問題です。なぜ、アメリカ人は銃の規制を規制を強化できないのでしょうか?

「規律ある民兵は、自由国家の安全にとって必要であるから、人民が武器を保有しまた携帯する権利は、これを侵してはならない。— アメリカ合衆国憲法修正第2条

 

上記の法律が自分の身は自分で守る銃は捨てないぜ!を温存しているとか。誠にざっくりで、言いがかり的な考察で恐縮ですが、最近私が嵌って愛読読破したアメリカ人の小説家 コーマック・マッカーシーの描くカウボーイの生体を例えに、その言いがかりを次回はcutupしてみましょう。

つづく。

 



▽Look Book Cook Records

vol.01 | vol.02 | vol.03 | vol.04 | vol.05

vol.06 | vol.07 | vol.08 | vol.09 | vol.10

vol.11

Profile

  • 桑原 茂一

    初代選曲家、毎週金曜日夜11時Mixcloud PirateRadio(海賊船)、 創刊1988年 free paper dictionary編集長

Information

  • PLOUGHMAN’S LUNCH BAKERY

    〒901-2316 沖縄県中頭群北中城村安谷屋927-2

    営業時間 : OPEN 8:00 am - 4:00 pm
    CLOSE: SUN

    TEL : 098-979-9097

    URL:http://www.ploughmans.net/

  • LIQUID

    沖縄県宜野湾市嘉数1-20-17 No.030

    営業時間 : 営業時間. 10:00-17:00
    定休日. 水・木曜日

    TEL : 098-894-8118

    URL:http://www.liquid.okinawa/

  • TESIO(自家製ソーセージ専門店)

    沖縄県沖縄市中央1-10-3

    営業時間 : 11:00~19:00 定休日:月曜日

    TEL : 098-953-1131

    URL:http://tesio.okinawa/