Look Book Cook Records No.020

必然と偶然の交じり合う偶有性の海を泳ぐ

A:さて、私には縁もゆかりもないマリファナですが、ヴィクトリア女王は生理痛の緩和に使っていた。とか。

B:久々の衝撃です。面倒を起こして当然の名盤です。
Pirate Radioから

10.19, 2018

桑原 茂一
  • essay
  • music
Share on

「拡張の世紀・AUGMENTED」
テクノロジーによる破壊と創造
ブレット・キング 著

 

読み応えのある書籍のつまみ食い。
以下一部引用。

 

AIは友達になる。
10~15年後には、日常的な接触で最も頻繁にリレーションシップをとるのは、
人口の知性となるだろう。この機械知性には高度なインタラクティブ性があるが、
SF上の言葉の意味どおりに感覚力や自意識があるわけではない。
途中略
過去50年間のSF物語の中で描かれてきたように、
AIは深い個人的な意味合いを持つことになるだろう。
しかし、個人用AI関連ソフトウェアが私たちと知り合いになるのに全く
個人的な意味合いはなく、それはソフトウェアが私たちのことを
両親よりもよく知っていると言うことだ。
途中略
機械知性はもはや社会の中に統合されていて、
無数のリソースをうまく管理しているだろう。
それは純粋に、AIが人間のオペレーターや
プロセスよりも
はるかにうまく機能するからだ。
データー、公共サービス、緊急サービス、
交通といった
都市部運営に必要な大量のリソースは、
世界中の資本主義者がよしとしなくても、
共有リソースとして集中一元型ソフトウェアが運用するものになっていくだろう。

 

と言うが、多分それはまだまだ先のことで、
現状はといえば、未来のお友達は
まだ赤ん坊未満かもしれない。
今回はその衝撃のレポートを
私の活動現場からお送りする。

 

題して、

「未来の友人とダンスを踊る未満」

さて、ご存知の方には繰り返しになりますが、
Mixcloud というプラットフォームを利用し、
「 Pirate Radio 」
ノンストップ選曲番組 通称 海賊船 を
毎週金曜日の夜11時から公開しています。

 

で、とある金曜日の夕方、なんの前触れもなく以下のようなメイルが届いたのです。

 

—–

 

宛先: 桑原 <m×××××××@××××××.com>
Upload disabled due to predominant use of tracks by the same artist
同じアーティストによるトラックの支配的な使用のためにアップロードが無効になりました Google 翻訳

 

—–

 

Hi,
Thanks for using Mixcloud, it’s great to have you on the platform.

Mixcloud is all about radio shows, DJ mixes, Podcasts, and audio that people can enjoy for an extended period of time.

For licensing reasons we are not allowed to host uploads containing tracks mostly from the same artist so unfortunately we’ve had to disable your upload titled “moichi kuwahara Pirate Radio AGE OF — 1005 450”.

If you feel there has been an error, please get in touch at support@mixcloud.com.

Thank you,
Mixcloud Team

 

 

以下 Google 翻訳

 

こんにちは、
Mixcloudをご利用いただき、ありがとうございます。
Mixcloudは、ラジオ番組、DJミックス、Podcast、そして人々が長時間楽しめるオーディオに関するものです。
ライセンスの理由から、同じアーティストのトラックを含むアップロードをホストすることは許可されていないため、
残念ながら「moichi kuwahara Pirate Radio AGE OF — 1005 450」というタイトルのアップロードを無効にする必要がありました。
エラーが発生したと思われる場合は、support @ mixcloud.comまでお問い合わせください。
ありがとうございました、
Mixcloudチーム

 

—–

驚きました。

 

なんと Mixcloud で番組をアップロード
(公開)するには、リミテーション(制限)が
あったのです。

 

果たして間に合うだろうか?

 

「Pirate Radio」の公開は、夜11時。

 

ダメ出しが来たのが公開五時間ほど前。

 

普通選曲をゼロから始めると
早くて二日、
藪に阻まれ闇雲の動けば
終わりは果てし無く、
編集という響は同じだが、
文字校する編集とは明らかに異なり、
選曲構成の修正時間は
自分自身でも測れないのだ。

 

勿論、Mixcloud は
アーカイブ出来るサイトだから、
アップロードすれば
いつでもどこからでも

 

ネットにさえ繋がれば誰でも聞ける。

 

では、なぜ公開時間に制約があるのか?

それは「Pirate Radio」が、
2009年からほぼ5年に渡り、
InterFM で週一番組として
放送されていたことに遡る。

 

で、そのラジオ放送時代に
独自に始めた提案がこれだ、

 

「 誰も聞かない沈黙のメディアから、
仲間が集まる雄弁なメディアへ 」

 

新旧メディアを繋ぐ
ラジオのオルタナティブな使い方
仕組みはいたって簡単。

 

Twitterと連動し、
放送時間をそのままリアルなクラブと捉え
リスナー(クラバー)同士、
はたまた、選曲家、DJとリスナーが、
Twitterのハッシュタグ #ckpirate を
書き込み呟くことで、
リアルタイムにそれぞれが勝手に
コミニケーションすることができる。
まさに限定一時間の時空を超えた
リアルなクラブの誕生と言う訳だ。

 

メディアも国境も越境したこの試みは、
今では当たり前だが、
2009年当時では誰もが
まだ懐疑的だったのだ。

 

今を生きる私たちには
未来社会の様子を想像することが
残念ながら容易ではない。

 

つまり、未来を語ることの難しさは
今を生きる人々の固定観念にあるようです。
twitterを例に取るまでもなく、
このたった10年で、
みじかにあるリアルが
既に拡張されていることに気がつかない。
人々の意識はいとも簡単に変わってしまい
そして思い出すこともない。

既存のラジオ局であるInterFM から
束縛のない創作の自由を求め
Mixcloud へ移行して、ほぼ5年〜
週一回の番組を気ままに選曲
制作していた。

 

そんな自由が呆気なく消滅した。

 

数日かけて制作し既にアップロードしていたその夜の番組データは

 

もうそこには無かった。

 

一通の事後報告メイルで、
Mixcloudは番組データを消去した。

 

そこで、ハタと気がついたのです。

 

ラジオを愛するが故に
私は勘違いしていたと。
Mixcloudは、
まさにインターネット時代だから許される
夢のシステムの到来で、
いつでも自分の番組を世界へ公開出来る
自由への窓口だと認識していたのだ。

 

しかし、夢は夢でしかなく、
いつの間にか張り巡らされた
AIシステムの中で、誰もが忖度音頭で
踊らされていたのだ。
そう、私もすっかり踊らされていたのです。

AIは友達になる

これはそう簡単なことではないかもしれない。

 

つまり、勝手に処理しても説明責任は
既に済ませているはず。

 

という論理。

 

Mixcloudを喜んで使用するのは
私のような感覚先行のアンポンタン。
弁護士的思考資質を保持していない限り
そうした事前の制約規約、
そんな規約どこにあったん?
トンマはそこへ思考がほぼ向かない。

 

結果、こうした事態に遭遇し泣くのは刺せば血の出る私だが、
直接触ることも話すこともできない存在が相手となれば、

 

話せば分かる= 消滅

 

うざくても人間対人間の交流から生まれる感触とは
理論的根拠も存分に変わってしまった。

 

例えば、みなさんよくご存知の
世界で一番安い航空機チケット売るサイトや
無闇に安いホテル探しサイトも
経験上すべてこの論理が支配していると思われるのです。
つまり何か不都合な事が起こった時に
即対応してくれる存在が皆無なのです。
それはシステムを運営する会社が
日本国内に無いだけの問題ではない。
そのシステムに従事する人々も
ほぼそのことに一ミリも関心はないだろう。
巧妙に仕組まれたシステムのあり方に
すべての問題があるのだと思うのです。

 

つまり、私の言う現状の
システム優先の問題点は、
本来多くの人々を幸福に導くはずの
AIシステムが、豊かな人間の感情を
実は土足で踏み躙っている。

 

そのことへの自覚がまったくない。

 

このことに尽きると思うのです。

 

Mixcloudのケースで言えば、

 

データを抹消する前に、
問題点の詳細を教えて欲しかった

 

同じアーティストによるトラックの支配的な使用のためにアップロードが無効になりました

 

具体的にはこれはどういうことか?

 

例えば一枚のアルバムの50%以上は一度に紹介できないということか?

 

全く謎だ。今だに。

 

で、恐る恐る修正しアップロードを繰り返し、
結果は、理由は分からないが
3度目にパスし公開した。

 

しかし私の最初の選曲意図は消滅している。

 

” 俺の意図を返せ!”

 

と叫んでも応える人はどこにもいない。

 

Mixcloudは本来音楽ファンを楽しませるホストのはずです。
ところがビジネスを運営する側にのみ優位なシステムを構築したことで、
AI・機械知性には到底到達できない美しい感動を
図らずも弛緩させ消滅させてしまう役割を担っているのです。

 

有り体に言えば、
儲かるかどうかのちっぽけな論理が
人間の作り出す無制限の美しさを
蝕んでしまっているのです。

 

AIは友達になる。

無理!

 

今は。

 

私は考える葦になりたい。

 

未来への希望だけは失いたくはないから。

 

そういえば、この五年間を振り返ってみると、
今回のような面倒を起こすコンセプト・アルバムとは出会ってないな。
もしかしたらあの巨大なシステムに気圧されて
作る方も、さては萎縮してしまった? のか・な・

 

で、本題。
以下に、
「 Pirate Radio 」
ご用意しました。

 

とくと、ご賞味あれ。

moichi kuwahara Pirate Radio more and no more 1005 450

 

久々の衝撃です。
面倒を起こして当然の名盤です。
なんとたった一人で作っているそうです。
もちろんゲストは別ね。
当初私が伝えたかった構成ではないが、
伝わると嬉しい。
眠っていた創作意欲を叩き起こされました。

moichi kuwahara The gramophone turns is an idea of era 0928 449

 

むずい。なんて言葉、私は嫌です。
Gramophoneとは蓄音機のことです。
GramoがIに変わったらIphoneになりますね。
蓄音機は電気では動きません。
モーターが動くのではなく、
ゼンマイを手回しして、
ターンテーブルを回すのです。
蓄音機にはボリュームがありません。
78回転の方が33回転よりも情報量が
多いそうです。
ですが私にはなんのことだか分かりません。
タイムマシーンとは
蓄音機のことなのかもしれません。
100年前の天才が目の前で
歌ってくれます。
こんなに贅沢なことはありません。
尚、78回転のSP盤の合間に、
今時の楽曲が流れますが、
余りに音量の違いや音質の違いに
驚かされます。
心臓の弱い方はご注意ください。
そうそう、鉄で出来た針は
一曲回す毎に捨てます。
レコード盤が傷むためです。
やはり、こんなに贅沢なことはありません。

moichi kuwahara Pirate Radio 0831 445

 

奈良に住む、お寺と深く関係のある
古くからの仕事仲間でもある
エビスビーツのレコードを
久し振りに下北沢のディスクユニオンで
購入した。
本人と話していないから
本当のことは分からないが
推測するに、
もう結婚して子供も出来たのではないか?
お寺と関係が深い所為か
昔から、いつも慈愛に満ちていたが、
そこへ今度は子供への愛が
溢れているような気がした。
こんな慈愛に満ちた
優しいヒップホップを作れる
エビスビーツの存在は
日本人の誇りではないか
と思わず目頭が熱くなった。

moichi kuwahara Pirate Radio This Bitter Earth 0824 444

 

科学未来館と直接の関係はありません。
苦い現実を希望に変えるのは
未来への眼差しです。
日々苦くて苦くて枯れてしまいそうな
あなたや私に
音楽はおいしい水を降り注いでくれます。
希望があれば私たちは枯れない。
未来のことだけ考えていたい。

moichi kuwahara PirateRadio magicmushroom midsummer midnight mambo 0817 443

 

マリファナが解禁になることを
望む人もそうでもない人も
人間は喜びの物質を自ら作り出す
能力があるそうですよ。
私たちがせっせと音楽を楽しむのも、
そのことと関係しているのかもしれません。
肝心のMarihuanaのmが抜けている?
mから始まる言葉を並べた楽しい今回の番組名ですが、
実は1980年代前後にFM大阪で放送されていた
「ザ・ミュージック・ネットワーク」からの抜粋コラージュ編です。

 

さて、私には縁もゆかりもないマリファナですが、

 

ヴィクトリア女王は生理痛の緩和に使っていた。とか。

 

また大麻取締法施行により使用されなくなる以前、
1886年に印度大麻草として『日本薬局方』に記載され、
1951年の第5改正まで収載されており、
日本においても鎭静,催眠薬として利用されていた記録が残っている。

 

大麻は解禁から75年目に、戦勝国アメリカによって禁止された。
そして敗戦後72年、今も続く植民地日本がアメリカから解き放たれ、
本当に自由を得るには、AIが私たちを制覇する
20年後〜を待たなければならない。多分。
しかし、きっとその時は、仮想現実と拡張現実が現実なる
人類がもっとも望んだ、あらゆる不安から解放された
夢の世界が待ち受けているのかもしれない。

 

ま、そんなことは考えても考えなくても

 

ここには、Pirate Radio がある。

 

画像・文
初代選曲家 桑原 茂→

 

free paper dictionary


情報

AI
人工知能とは、「「計算」という概念と「コンピュータ」という道具を用いて「知能」を研究する計算機科学の一分野」を指す語。「言語の理解や推論、問題解決などの知的行動を人間に代わってコンピューターに行わせる技術」、または、「計算機による知的な情報処理システムの設計や実現に関する研究分野」ともされる。

ウィキペディア


 

▽Look Book Cook Records

vol.01 | vol.02 | vol.03 | vol.04 | vol.05

vol.06 | vol.07 | vol.08 | vol.09 | vol.10

vol.11 | vol.12 | vol.13 | vol.14 | vol.15

vol.16 | vol.17 | vol.18 | vol.19 | vol.20

vol.21

Profile

  • 桑原 茂一

    初代選曲家、毎週金曜日夜11時Mixcloud PirateRadio(海賊船)、 創刊1988年 free paper dictionary編集長