バッグが迷子です…

季節の移り変わりをなんとなーく感じながら、なんとなーく過ごす日々で、目にしたこと、ふと感じたこと。

8.7, 2018

エディター/ライター:松本 昇子
  • fashion
Share on

基本的には手ぶらがいい

みなさん、フジロック、行きました?
わたしは行っていません(キリッ)。
今年はYouTube配信があったので、パソコン前で正座して見ていました。
ちょうど仕事が重なっていた日に、撮影の合間にこっそり携帯をのぞいて見たエレカシ、最高でした。
ほかにもたくさん、とってもよかった〜。

 

そんな感じで現地には行けなかったし、毎日暑くて外出もひかえているので、今、お出かけ欲が高まっています。
涼しくなったころに、海外へ旅行しようと思っています。
カリブ海へ!

 

さて、旅行のときにいつも困るのがバッグなんだけど、サコッシュが流行ってからいろいろ探してはいるけれど、なかなかしっくりくるものがない。
デザインを重要視しすぎて小さすぎたり、薄すぎたりして、必要最小限のものすら入らないやないかい!とか。
わたしは自転車にも乗らないから、ハイスペックなものは必要ない、とか。
間に合わせで買ったようなものだと、やっぱりのちのち使いにくくなって手放してしまったり、とか。
すっかりバッグが迷子のまま、何年も過ごしていました。

 

旅やフェス、お散歩とかもそうだけど、基本的には手があいた方がいいので(両手をふってどこまででも歩きたいから)、ショルダータイプであることはマストなんだけど、そんな期待を適えてくれそうなバッグがありました。

 

老舗のタフトラベラー!
製作はイン・ニューヨーク!
いくつかある型の中でも、メッシュタイプはタウンユースにすごく重宝しそうだし、オープンポーチは旅のときに携帯したい!

 

便利なバッグがあるだけで、とたんに重たかった腰も軽くなりそう。
ちょっとそこまで、すら面倒だな、と思う日も、なんとなく出かける気が起こるってもの。
まだまだ暑い日が続くけど、涼しい風が吹き始めるころを楽しみに待ちたいと思います。

 

 

フェス、山、海など、レジャーシーンに活躍するバッグを探している方はこちら

 


▽Back Number

vol.1 | vol.2 | vol.3 | vol.4 | vol.5

vol.6 | vol.7 | vol.8 | vol.9 | vol.10

Profile

  • 松本 昇子エディター/ライター

    愛知県出身。雑誌やカタログ、書籍、WEBサイトなどの編集、執筆、ときどきコピーライティングも手がける。