Scye別注カットソー

これ見よがしでないお洒落が詰まったブランドと云えば。

8.10, 2018

販売促進部 マネージャー:三浦 良介
  • fashion
Share on

動物のサイが由来してると思っている方もいるかもしれませんが、動物のサイはRhinoceros(ライノセラス)。
Scyeとはテーラー用語で襟ぐり、鎌の意。

 

テーラー用語からブランドの名前をとって、その音の響きから動物のサイをアイコンに。

茶目っ気があるブランドだなって個人的には思ってるんですよね。

 

テーラー用語に由来するというからにはなんですが、こちらのブランドはパターンに定評があって。

 

10年前くらいだったか、触ってみればわかる、着てみればわかる。と先輩編集者に云われてサンプルを借りて、文字通り触ってみて着てみて、その素晴らしさを体感し記事にした思い出が。
派手さはなく、着てみて実感するその魅力は、どちらかというと玄人受けするブランドで、当時一般的には知る人ぞ知るって感じだったかな。

 

おしゃれな大人は大体サイのオックスフォードのボタンダウンシャツを着ているイメージがあったんですよね。

 

それが今やというか。まぁ当然ですが日本を代表する実力派ブランドに。

 

そんなサイとのコラボアイテムもはや数年。
確か一番最初のコラボはシャツの左胸に位置するロゴをカラー別注したんですよね。

 

それからTシャツ、ポロシャツそしてカットソーなどへとコラボアイテムが年々増えて。

 

ブランドさんのご協力はもちろんなんですが、何よりお客様が毎回楽しみにしてくれるから、これだけ長い付き合いも可能になってるんだと。

 

で、お待たせしました。

 

前置きが長かったですね。
やっと新作の話。

まぁ派手さはないですが、触って着てみて実感してください。

 

ぜひ。

 

短い?

 

 

Scye×URBAN RESEARCH 別注LOGO LONG-SLEEVE T-SHIRTS
9,504円 (税込)

Profile

  • 三浦 良介販売促進部 マネージャー

    続いているなぁと我ながらふと思う、今年入社10年目を迎える34歳、ふたご座O型。
    長く続けていることってそんなになくって。
    最近あんまりしてないけど学生時代のサッカーが10年くらいで、あとはこのコラムでも書いている読書くらい。
    継続は力なり。とも言いますし、何か今からでも続けられるもの探さないとなぁ。と老けて、もの思いにも耽けってる今日この頃。
    でも花粉症に関してはだいぶベテランで、18年目の春を迎えてるんですけどね。