贈り物は突然に。Vol.11

例えば最近キャンプに目覚めたミナミにご馳走を作ってもらうために

人間には「欲」というものがある。食欲、睡眠欲、性欲、そして実は「相手に贈り物をする」という行為も、“あの人の人生に関わりたい”という欲の1種ではないのかと思った。

7.18, 2019

Columnist:Aya Matsuo
  • lifestyle
Share on

突然だけれどそろそろ<キャンプシーズンがくる>

ということをお知らせする。

 

気の早い友人などはすでに今年用に新しくしたギアをいち早く試したいとかで
梅雨の中、雨をもろともせずに週末ごとにどこかに出かけている。

 

そこまでのセミプロキャンパーではないから、こちらは梅雨が明けて、真夏日がやってくる直前あたりを狙って

どこか涼しげなキャンプ場を狙いたい。例えば湖畔のキャンプ場とかね。

 

さて、最近インドア派だった友人、ミナミがキャンプに目覚めたらしい。

きっかけは無理やり誘われたBBQ。しかも「野外料理好き」の集まるワイルドなBBQだったそうだ。

 

「塩振りシェフ」よろしく大胆に調味料を肉に振りかけたり、それを強力な炭火力でガシガシ焼いたり、
ダッチオーブンでパンやピザまで作ったり。そしてそれらをつまみながらのビールだったりがことのほか美味しかったらしく。

 

「こんなうまい飯、朝昼晩と食べてみたい」ということでキャンプ(及びキャンプ飯)に初挑戦したそうだ。

もともと家で料理をするのが趣味だったミナミ。あっという間に「キャンプ料理のコツ」なんてのも会得し、
最初のキャンプではうまい野菜ローストとオリジナルタレに漬け込んだBBQポークなどを作ったそうだ。

なんだなんだ、うまそうじゃないか。

たとえちょっと失敗したカレーだって美味しく感じるキャンプ飯。

本気でうまい料理なら、それはもう超絶おいしく感じるに決まってる。

 

いてもたってもいられなくなって、
ミナミを訪ねた。貢ぎ物を携えて。

 

「今度キャンプ行こうぜ。はいこれ、ミナミが好きそうだと思って♡」

 

ちらりとその貢ぎ物を見たミナミはこちらの企みを見抜いたようにニヤリと笑う。

 

「ホットサンドクッカーと、鉄のフライパン持ってきてくれよな」。

 

ちなみに後日ミナミと行ったキャンプでのご馳走は以下のようになった。

・バターと柚子胡椒、鳥ハムを挟んだホットサンド
・手作り餃子に刻みネギと食べるラー油ソースたっぷりがけ
・岩塩をふりかけローストした肉。サルサソースとアボガドソースを添えて。

 

どれも初夏の日差しにぴったりなピリ辛味。

おいしゅうございました。

ミナミに美味しいキャンプ飯を作ってもらうための貢ぎ物はコレ。

<辛い好き調味料 3点セット>

※セット内容
・青ゆずこしょう×1
・食べるラー油 ちりめん山椒×1
・高知のジンジャーサルサソース×1

 

キャンプ料理にも使いやすい、瓶タイプのおいしい調味料はこちら

 


▽贈り物は突然に。

vol.01 | vol.02 | vol.03 | vol.04 | vol.05

vol.06 | vol.07 | vol.08 | vol.09 | vol.10

vol.11

Profile

  • 松尾 彩Columnist

    フリーランスのエディターとしてファッションからアウトドアまで幅広い雑誌・ムック・カタログなどで活動。現在はコラムニストとして主に旅紀行を執筆。小学館kufuraにて旅エッセイ「ドアを開けたら、旅が始まる」連載中