~On The Road~ 車の生活 Vol.7

どんな車で生活しているのか 【内装カスタム編】

家に住むことを辞め、
車で生活するDJ河合桂馬のVanlifeダイアリー。
(第7話) どんな車で生活しているのか
【内装カスタム編①】

1.31, 2019

DJ:河合 桂馬
  • lifestyle
Share on

現在中目黒に住んでいる。

 

10日間の居候だが。

 

都内でのDJが続くので先輩宅にお世話になっているのだ。
車は予約制のパーキングに停めている。再入庫可能で車の出し入れができて便利だ。
細かい生活の話は、車のカスタム編の次に書きたいと思う。

 

さて、前回のVol.6では、ハイエースの新たなベッド作成の前に、内装カスタムを徹底的にやってやろうじゃないかという決意をし、徹底的にやるには自分1人では難しく、プロの手ほどきを受けるしかないと決断したのであった。

カーネル

ハイエースの内装をかっこよく機能的にカスタムしようと意気込んでいるさなか、ある考えがうかんだ。

 

「カーネルだったら何かヒントをもらえるかもしれない」

 

ケンタッキーの前にいる白いスーツのおじさんではない。

 

出版社の地球丸が発行している車中泊の専門誌だ。

 

カー(車)で寝る→カーネル

 

ということだ。

 

車中泊歴数十年を誇る大ベテランたちが誌面に登場し、車中泊の快適テクニックや、
DIYでカスタムしたご自慢の愛車を披露している。車内に畳を敷いたり、コタツまで導入しているつわものもいる。

 

地球丸さんとはDJとして独立する前の仕事(Vol.1河合桂馬の人生年表参照)でお付き合いがあったので、早速連絡をして編集部に伺う約束をした。

 

後日、新橋にある地球丸さんへ足を運び、カーネル編集部の皆さんと車中泊談義を交わした。私は、最近車中泊に目覚め、車中泊の自由さに魅せられてしまったことや、海外ではバンライフというムーブメントが起こっており、 体力のある若いうちこそ車中泊をするべきだ、などと、自分の車中泊愛を熱弁した。

 

編集長も、もっと若い世代や、アウトドアカルチャーを絡めて、車中泊業界を盛り上げていきたいと語っていて、ぜひ今後一緒に何かできたらいいですねとその場を終えた。

連載開始

「今度飲みに行きましょう」

 

「今後何かできたらいいですね」

 

大人の社交辞令ツートップである。

 

「今度」も「今後」もこないし、「何か」 もない。

 

言われた側は、
「それじゃあまた!」ぐらいの挨拶だととらえたほうがいいのである。

 

しかし、その「何か」がきた。
なんと、カーネル編集長から連載のお話を頂いたのだ。

 

もちろん快諾した。

 

WEBの連載や、単発の雑誌寄稿は経験があったが、雑誌連載は人生初だった。
連載内容は、河合桂馬のハイエースをDIYで車中泊仕様にカスタムしていくというもので、 考えたタイトルは

 

「河合桂馬のDIY VANLIFE」

 

かくして、雑誌連載というかたちでハイエースをカスタムしていくことが決まったのである。

師匠

めでたく雑誌連載が決定したものの、いまだにDIYの師匠が決まっていない。
早く探さないと連載が進められない。
改めて、どんな人にお願いしたらいいのか整理してみた。

 

師匠の理想像として、
・内装に木を使用するので、木工の技術に長けている
・サブバッテリーなどの電装系にも精通している
・当たり前だが車の知識は大前提
・雑誌の撮影に慣れているとありがたい

 

こんなことを条件として掲げていた時にひらめいた。

 

「あ、ワカさん!!」

 

ワカさんは、アウトドアでも使えるテーブルやチェアなどのウッド家具、小物を手作りで製作するブランド「CielBleu(シエルブルー)」を夫婦で営んでいるので、木工加工はお手のもの。前職ではカーステレオのカスタム業の経験もあり、電装系にも精通。しかも自動車のメカニックの仕事もしていた筋金入りの車のプロである。アウトドア雑誌のコーディネートやイベント企画もやっているかたなので、撮影にも慣れている。

 

こんな適任者は他にいない!

 

ワカさんとは共通の知人が企画したキャンプで初めてお会いし、その後色々なアウトドアイベントで顔を合わせたり、シエルブルーの5周年アニバーサリーパーティーでDJをしたりと面識があったので、すぐにワカさんに電話した。

 

「いいよ!」

 

ついに師匠が決まった。

カスタムは計画的に

早速カスタム!といきたいところだが、以前見切り発車で作成したベッドがハイエースに入らなかった筆下ろしの悪夢(Vol.5参照)というトラウマがあったので、今回はまず、カスタムの方向性や順番をしっかりとすり合わせしてから作業を開始したいと思い、シエルブルーの工房に伺った。

 

ワカさんと奥さん(通称アネゴさん)の二人の師匠に、どんな車にカスタムしたいのか希望を伝えた。バンライフムーブメントの仕掛け人であるフォスター・ハンティントン(Vol.2参照)の写真集「HOME IS WHERE YOU PARK IT」を持参し、まずはバンライフのイメージ、思想、哲学を共有した。そしてインスタグラムの#vanlifeを見て、車の内外装のデザインやディテールなど、細かい仕様を相談した。そのうえで、カスタムのおおまかな計画を立てた。

 

・既存の内装を取り外す

・窓ガラスにスモークを張る

・サブバッテリー設置

・車内灯をLEDに変更

・天井内装に木材を張る

・天井木材にステインを塗る

・インバーター設置

・壁に断熱材を入れる

・壁に木材を張る

・壁木材にステインを塗る

・壁にコンセント・スイッチ類取付

・フローリング材を張る

・ベッド作成

・外装ペイント

・バックドア・スライドドアに木材張る

完成!!

 

という流れだ。

 

次回、いよいよカスタムスタート!!

文・写真:河合桂馬

 


 

▽~On The Road~ 車の生活
vol.1 | vol.2 | vol.3 | vol.4 | vol.5

vol.6 | vol.7 | vol.8

Profile

  • 河合 桂馬DJ

    2002年、club青山MIXにてHOUSE DJとしてのキャリアをスタート。
    GREENROOM FESTIVALなど全国さまざまな野外フェスに出演し、日本最大級のキャンプフェスGO OUT CAMP最多出演アーティスト記録更新中。近年活動の幅を海外フェスにも広げている。TOYOTA HIACE ウェブCM、KIRIN生茶広告など多数メディアに出演中。