~On The Road~ 車の生活 Vol.11

どんな車で生活しているのか 【内装カスタム編】

家に住むことを辞め、
車で生活するDJ河合桂馬のVanlifeダイアリー。
(第11話) どんな車で生活しているのか
【内装カスタム完結編】

4.8, 2019

DJ:河合 桂馬
  • lifestyle
Share on

今夜は、渋谷のクラブContactでDJなので、都内にいます。紆余曲折あって西麻布にホテルをとり、ホテルに荷物を預け、 昼食がてら原稿を書こうと六本木へ。近くのサイゼリヤに入るも長蛇の列。諦めて六本木交差点付近の幸楽苑に入り、ネギラーメンと半チャーハンをさくっと食べて向かい側のルノアールに。

 

やっと原稿が書けると思ったのも束の間、隣の席のいかにも胡散臭い男が、二人の女性を前にマーケティング論を振りかざしている。

 

この男の話が胡散臭くて気になって仕方がない。

 

俺は原稿書かなきゃいけないのに!

 

SNSの活用方やAKB48を例にだし、御社のマーケティングは私にお任せください的な営業トークをかましているが、ますます胡散臭い。

 

原稿が進まない。

 

続けて、ある神社のマーケティングが素晴らしいと説明し
「これをパクリましょう!」
と声高に主張している。

 

もう原稿どころではない。

 

挙げ句の果てには自信満々に
「私が普段のセミナーで話していることもぜんぶパクリです!」と、、、
やっぱね(笑)

 

さて、イヤホンをして本題を書きたいと思います。
今回はついにカスタム完結編!

前回までの内装カスタム編
にて、

 

・既存の内装を取り外す

・窓ガラスにスモークを張る

・サブバッテリー設置

・車内灯をLEDに変更

・天井内装に木材を張る

・天井木材にステインを塗る

・インバーター設置

・壁に断熱材を入れる

・壁に木材を張る

・壁木材にステインを塗る

・壁にコンセント・スイッチ類取付

・フローリング作成

・ベッド作成

 

というところまでお伝えしました。

 

今回は
・外装ペイント
・バックドア・スライドドアに木材を張る
という工程を経て、カスタム完成に至るまでをお伝えします。

車を手塗り

ついにベッドが完成し、ハイエース内装カスタムも残すところ、バックドアとスライドドアに木材を貼るのみ。しかし、その前に一番重要なカスタム、外装ペイントを施します。バックドアやスライドドアを開けた時に見える内側部分も塗装する必要があるので、先に外装・内装の一部をペイントしてから最後に木材を張り付けるという訳です。

 

DIY VANLIFEという連載で進めてきたこのハイエースカスタムですが、さすがにペイントは自分でできないだろうと考えていました。
しかし!ワカさんが見つけてくれました。DIY塗装用の車のペンキがあったのです。

 

そのペンキは、タカラ塗料という会社が発売しており、ホームページを見るとDIYで塗装をした車の数々がアップされています。車用のペンキはラッカー、2液ウレタン、水性の3種類あります。

 

~タカラ塗料さんのホームページより~

Comparison table ~塗料比較表~

どのペンキもそれぞれの良さがあり、選ぶのに迷いましたが、やはり一番塗りやすいという水性のペンキに決めました。

Aqueous ~刷毛塗用艶消水性~

【特徴】

金属用の水性塗料。なかでも耐候性(4~5年)が高く耐ガソリン性も高いものを選定。
とても塗りやすく、艶消し剤が分離しにくいため艶ムラも出にくい。

 

【メリット】

・耐候性、耐ガソリン性が強い
・乾燥は普通で塗りやすい
・水道水で薄められるので手軽
・臭いが少ないので住宅街での塗装でも気にならない

 

【デメリット】

・一度塗ってしまうと板金塗装屋さんに修理に出せなくなる(ラッカー・ウレタンでもそうですが。)
・艶が3分艶しかできない

 

【薄めるもの】

 

【希釈率 】

刷毛塗りの場合:5%
吹付けの場合:15%

引用元:塗料の種類について | 株式会社タカラ塗料

家の壁や棚などの塗装経験はありましたが、さすがに車を塗るのは初めてです。
うまくできるか不安でしたが、いよいよ塗装初日を迎えました。

 

場所は、キャンピングカーレンタルをはじめとするさまざまな事業を展開する、株式会社レヴォレーターさんの作業スペースをお借りしました。

 

塗装作業をするのは自分の他に、講師であるワカさんアネゴさん、カーネル編集部さんより3名、そして私の妻も参加しての総力戦。

【必要なもの】
・水性ペンキ
・ペンキを入れるバケツ
・非鉄バインダー
・刷毛・ローラー
・紙やすり
・ブルーシートや新聞紙
・ゴム手袋
・マスキングテープ
・養生シート
・サンダー(なくてもできるけどあるとすごく楽)

 

【下準備】
・塗らない箇所にマスキングテープ、養生シートを貼る

・外せる車体パーツを外す

  • 01

  • 02

・車体に貼られているデカール(シールの強力版)を削る

・ペンキが付着しやすいように塗装面を紙やすりで削る
この作業にサンダー(電動紙やすり)があると非常に楽

・プラスチックの塗装面に、ペンキが付着しやすいように非鉄バインダーを塗る

【塗装】
・ペンキを水で薄める

・3度塗りする

  • 01

  • 02

  • 03

・完成!!

かくして、7人がかりで合計2日間をかけ、かなり丁寧に塗装を施しました。
もっと簡単にやりたい人は、車体パーツを外さなくても塗装できますし、ツートンカラーじゃなくワントーンであればもっとマスキングも楽なはずです。

カスタム完成

ペイントを無事に終え、日を改めて、シエルブルーさんの工房に伺い、
いよいよ最終工程、バックドア・スライドドアに木材を貼ります。

3人掛かりで作業

スライドドアの内張りをウッドに

 

スライドドアのステップもウッドで作成

  • 01

  • 02

  • 03

  • 04

最終工程も無事に終わり、ついにハイエースカスタム完成!!!

 

作業期間は、雑誌の発売に合わせて少しずつカスタムをしていったので、約1年ほどかかりましたが、実質の総作業日数は14日間でした。

次回、Vol.12「どうやって生活しているのか?」へ続く

 

文:河合桂馬 写真:Yuma Yamashita

 


 

▽~On The Road~ 車の生活
vol.01 | vol.02 | vol.03 | vol.04 | vol.05

vol.06 | vol.07 | vol.08 | vol.09 | vol.10

vol.11 | vol.12

Profile

  • 河合 桂馬DJ

    2002年、club青山MIXにてHOUSE DJとしてのキャリアをスタート。
    GREENROOM FESTIVALなど全国さまざまな野外フェスに出演し、日本最大級のキャンプフェスGO OUT CAMP最多出演アーティスト記録更新中。近年活動の幅を海外フェスにも広げている。TOYOTA HIACE ウェブCM、KIRIN生茶広告など多数メディアに出演中。