サングラス、外したら…

瞳も日焼けするんだよ!

眩しい夏は、サングラスでおしゃれに乗り越えよう

7.17, 2018

URBAN TUBE編集部
  • fashion
Share on

サングラス。

もちろんその本分は「紫外線などから目を守ること」だけど、同時に今は「おしゃれ」のためのアイテムでもあります。

目を守りつつ、おしゃれにもなるという随分頼もしい奴!

 

種類もたくさんあります。

丸いのやら四角いのやらひし形(アウトドアタイプなど)やら。
あまりにも種類があるので、さて、どれが自分の顔に合うのかなあと悩みも増えます。

 

ちなみに「サングラスをかけた時に美形に見える」バランスは
眉毛までしっかり隠れることらしいですよ。

 

 

日本人に多い鼻ぺちゃさん(私もだ!!)はどうしてもサングラスがすり下りがち。

海外の免税店でかっこいいサングラスを試着しては(鼻からずり落ちて)“眉毛がコンニチハ”になり、そっと棚に戻す。それで何度涙を拭ったことか。

 

でもご安心を。そんな鼻ぺちゃさんはもちろん鼻たかさんだって誰だってなんとなく似合っちゃうタイプがちゃーんとあります。

それが「ウエリントン」と呼ばれるタイプのサングラス。

やや丸みがあって、フロントのリム部分が逆台形なのが特徴。

ちなみに1950年代に世界的に流行し、その後もずっと愛用者の多い愛され系サングラスでもあります。

グラス部分も大きめなので、小顔効果があるのもこっそり嬉しい。いや、だいぶ嬉しい。

 

 

ちなみにサングラスって何色を持っていますか?

オーソドックスな黒やおしゃれ感の強い茶系を持っている人は多いかと思います。

真っ赤やグリーンなどのカラフルな奴もそれはそれで可愛い。

でも通勤や通学にもかけられて、かつ普段のおしゃれにも似合うとなると案外黒は“サングラスすぎ”るし、茶色やカラーものは浮いてしまったりも。

(ちなみに通勤中にサングラスは…という人は多いですが、日差しの強い日は瞳自体も日焼けしてしまいます。今年は熱中症になる人も多いので、できれば外歩きの日はサングラスで目を守って!)

 

その中間くらい、おしゃれだけどオーセンティック感もあるものが欲しいなあ、と思ったら
ネイビーはどうでしょう。

程よいファッション感もあるけれど、黒に近い落ち着きもあってかけやすさは抜群。

日本人の肌色にも馴染みやすいので気になっているカラーです。

 

 

ちなみに
BLACK FLYS × Sonny Labelでも海にも山にも通勤にもぴったりな別注カラーのウエリントン型オールネイビーサングラスが登場していました。

サングラスだけどメガネに近いナチュラル感もあるので、通勤のスタイルにもほどほどマッチしてくれますよ。

 

今年は日差しも随分強いので、ぴったりのサングラスで目を守りつつおしゃれも頑張りましょ!

Profile

  • URBAN TUBE編集部

    アーバンリサーチ内に存在する精鋭の編集部隊。と言っても人数が少ないだけ?かもしれませんが。チームコンセプトは、「自慢の商品をなるべく面白く興味深くお届けし隊」DEATH。気長に、そして末長くお付き合いのほど宜しくどうぞ。