足もとコーディネートでぬくぬく冷えとり

冬に冷たいのは、こたつに入って食べるアイスクリームだけでいいもんね。

11.23, 2018

Columnist:Aya Matsuo
  • fashion
Share on

そういえば子供の頃、冬にはいつも手足がしもやけであかぎれになって、痛くて痒くて辛かったのを思い出した。

 

私の通っていた小学校では、冬の体育も半袖短パンがルール。

長袖を着ている先生を羨ましく思いながらも、せめてもの抵抗で履いていた靴下をぐーっと伸ばしてみたり(だから冬の靴下はたいていヨレヨレになってしまっていた)。

大人になって、しもやけができることはなくなったけれど、今度は足の冷えに悩まされている。

なるべくお風呂に入ってみたりするけれど、瞬間的には暖かくなるけれど気がつけば足先は氷のような冷たさを取り戻してしまう。

 

子供の頃はしもやけにはなるけれどこんな冷えはなかったよなあ。代謝が落ちたせいかしらとため息が出る。

だけど最近通い始めたヨガでいいことを教えてもらった。

お風呂上がりはもちろん、足先が冷たい時は「足首と足の甲のストレッチ」をするといいそうだ。

足首をギュギュッとマッサージしたり、足の甲を伸ばしたりそらしたりすることによって、体の中から血流をよく通して温めてくれるんだそう。

確かに数分そうやって足を触っていると、じんわり温まってくる。

 

お、いいぞいい感じだぞ。この暖かさをどうやってキープしよう。

 

 

一番簡単で大事なのは靴下をちゃんと履くことだよね。

大人になった今は、1枚履きだけじゃなくて「足もとのコーディネート」を選択することもできる。

靴下を素材違いや色違いで2枚ばきしてみたり、タイツに靴下を重ねたり、レッグウォーマーを重ねてみたり。

冷え対策をしながらおしゃれを楽しむって楽しい!(そして温かい!)

ああ、このことをしもやけ小学生時代の私にこっそり教えてあげたいなあ。

とりあえず大人になったわたしは、「今日はどの靴下であたたまろうか」って毎日ウキウキしているよ。

 

 

可愛い足もとがたくさん揃います

かぐれの足もとコーディネート

Profile

  • 松尾 彩Columnist

    フリーランスのエディターとしてファッションからアウトドアまで幅広い雑誌・ムック・カタログなどで活動。現在はコラムニストとして主に旅紀行を執筆。また猫についてゆるく語る「ネコテキ」を小学館「しごとなでしこ」にて連載中。