GWのリゾート旅行計画は足元から!

4.8, 2019

Columnist:Aya Matsuo
  • fashion
Share on

やっと暖かい日が多くなってきましたね!
長い冬が終わるとやっぱりウキウキしてきて新しい服を着てどこかへ出かけたくなる気持ちも盛り上がります。

 

しかも今年のゴールデンウィークは10連休。
いつもは夏休みだけだったリゾート旅行に行く人も多いのでは?

 

歴史を巡る旅とか渋い温泉宿もいいけれど、
やっぱりリゾート旅行って何かとくべつな開放感があります。
普段仕事の行き帰りくらいしか浴びない太陽を一日中満喫できるから?
それとも都会にはない海や山などの大自然に癒されるから?
何もしなくてもぼーっと過ごすだけでストレス解消できるリゾートってやっぱりいいですよね。

 

それと、リゾート地にいる女の子は、女性目線で見てもなんだか「100倍可愛い」く見える魔法がかかる気がしませんか?

 

強い太陽に映える柄のワンピースに、お財布しか入らないような小さなポシェットも可愛いし、逆に大きすぎるようなカゴバッグも可愛い。

 

大きな麦わら帽子だってよく似合ってる。そして足元は涼しけなサンダル。

 

どこのリゾート地でもそんな素敵なファッションをした女の子がたくさんいて、見かけるたびに素直に可愛いなあ、と思うし自分でもそんな格好をしたくて年に1枚は「リゾートに着ていけるワンピース」を物色したりも(大抵仕事でいけないけどね)。

 

そんなことを思い出していたら「いますぐリゾート気分」になれるものが欲しくなりました。

 

と言ってもこの時期にリゾートワンピースはちょっと寒いし、大きな麦わら帽が必要なほどの太陽でもない。でもいますぐリゾート地にいるような開放感が欲しい。

ちょうどいいのはサンダルかな。

 

リゾートにいく(なかなか行けないけど)時はビーサンと、綺麗な色のサンダルを持って行きます。海辺はビーサンで、レストランなどへはサンダルをはき替えることが多いです。

 

中でもジュート製のサンダルが好き。編んだ麻の質感がそれだけでリゾート感が盛り上がるし、そこに綺麗な色のアッパーを組み合わせればワンピースがシンプルでも十分素敵に見える。
ジーンズやシンプルなコットンのスカートにもいい感じの抜き感も合わせてくれるしね。

何よりも、窮屈な靴を脱ぎ捨てて自由だ!という開放感もたまりません。
踊りだしたくなるような軽くて可愛いサンダルを手に入れれば、きっとどこかへお出かけする気分を後押ししてくれるはず。

 

ゴールデンウィーク計画を始めるその前に、まずは足元からリゾートしてみませんか?

 

 

RODE SKO SANDALS PRE-ORDER

Profile

  • 松尾 彩Columnist

    フリーランスのエディターとしてファッションからアウトドアまで幅広い雑誌・ムック・カタログなどで活動。現在はコラムニストとして主に旅紀行を執筆。小学館kufuraにて旅エッセイ「ドアを開けたら、旅が始まる」連載中